プロ棋士 都成竜馬 五段 応援ページ
プロ棋士 都成竜馬

弊社代表の息子:プロ棋士 都成竜馬 五段 が活躍中です。
宮崎県宮崎市出身。
宮崎県出身のプロ棋士は髙﨑一生六段に続き二人目となります。
谷川浩司九段の唯一の弟子。第44期新人王戦で史上初の奨励会員による優勝を成し遂げています。

棋歴

将棋を始めたきっかけは、父と兄が指しているのを見て自然に覚えたとのこと。
2000年、小学5年の時に出場した第25回小学生将棋名人戦で優勝。決勝戦の相手は一年上の中村太地で、奨励会の同期でもあります。

同年9月、6級で関西奨励会に入会。しかし、入会当初は成績が振るわず、5級に昇級するまで1年9ヶ月、また5級から4級の昇級も1年3ヶ月費やしました。その後は調子を上げ、4級から初段まではおよそ2年でかけ上がった。2007年7月、17歳で三段に昇段し、2007年度後期(第42回)より奨励会三段リーグに参加。リーグ戦では12勝6敗の成績を4回経験し、第45回と第52回でそれぞれ4位となるものの、直後のリーグ戦で良い成績が残せない等で三段リーグを抜けられずにいました。

三段在籍中に出場した第44期新人王戦で、奨励会三段として3人目となる決勝三番勝負進出。その決勝で藤森哲也に2勝1敗で勝利し、史上初の奨励会員による一般棋戦優勝を果たした。この快挙を受け日本将棋連盟は、「新人王戦で奨励会三段が優勝した場合、進行中の三段リーグ終了時に次点をつける」という規定を設け、第55回奨励会三段リーグより適用することになりました。

2015年1月22日に行われた第46期新人王戦2回戦、対牧野光則戦は、先手玉が入玉したが後手番の都成は攻め続け、先手玉を後方に追いやったものの、最終的には343手という長手数で敗れました。この対局で、第42回将棋大賞の名局賞特別賞を受賞しました。

2015年度後期(第58回)の三段リーグでは前半戦から好調を維持し、最終日の2局を残して2位以下に3勝差をつけて1位を確定し、四段昇段を決定させました。三段リーグ17期目、26歳の年齢制限で指し分け(9勝9敗)以下の場合、退会となる状況での昇段であった。宮崎県出身の将棋プロ棋士は高崎一生以来二人目。

2017年度第76期順位戦C級2組最終局で杉本和陽に勝利し、8勝2敗の成績となる。第76期C級2組は10戦全勝が1人の他、8勝2敗で7人が並ぶ大混戦となったが、順位差でC級1組への昇級を決め、同時に五段に昇段しました。

第31期竜王戦 6組ランキング戦・準決勝で高野智史に勝利して5組昇級を決め、決勝で大橋貴洸に勝利して6組優勝と決勝トーナメント進出を決めました。

棋風

振り飛車党で中飛車を得意とする。ただし、優勝した新人王戦では一手損角換わりや相掛かり等の居飛車も指しています。
『都成流』と呼ばれる後手番の新戦法を編み出しており、同じ関西所属の糸谷哲郎が西遊棋のイベントで紹介しています。

実家
都成竜馬

都成竜馬五段の実家は、ここ宮崎市で弊社「有限会社 白水舎乳業」を営なんでいます。

従兄弟に俳優の松崎悠希がいます。
四段昇段が決まった際には松崎悠希が自身のFacebookにて祝福メッセージを寄せてくれています。

宮崎こども将棋教室が開設された当初、小学1年生の都成竜馬と中学3年生の松崎悠希がよく将棋を指していました。

昇段履歴

2000年9月 6級 = 奨励会入会
2005年8月 初段
2007年2月 二段
2007年7月 三段
2007年度後期(第42回)より三段リーグ参加
2016年4月1日 四段(第58回奨励会三段リーグ優勝) = プロ入り
2018年3月15日 五段(順位戦C級1組昇級)

主な成績

一般棋戦優勝
新人王戦 1回(2013年度=第44期)
将棋大賞
第42回(2014年度) 名局賞特別賞(第46期新人王戦2回戦・牧野光則戦)
在籍クラス
竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

出演

ウェブテレビ
「藤井四段に『2度負けた男たち』の証言」(2017年6月14日、AbemaTV)

プロ棋士 都成竜馬 五段 が2018年1/28にスポーツ将棋大会にも出場しました。

藤井聡太七段とも対戦しています。昨年(2017年)、余談同士で3局とイベントで1局、指しました。さらに2018年6月25日の竜王戦決勝トーナメント1回戦でも激突します。
藤井聡太七段VS都成竜馬五段

天才棋士 藤丼聡太七段と激突に際して

都成竜馬五段応援キャンペーン… 夢みるくソフトクリームプレゼントも行っています。

都成竜馬

「宮崎こども将棋教室の先輩、都成竜馬プロ(第1期教室生)がこの度、竜王戦6組優勝を果たし、次は5組優勝の藤井聡太七段と竜王戦決勝トーナメントで対戦することになりました。またC級1組順位戦(名人戦)においては藤井七段と同じクラスでもあり、同郷の高崎一生六段、藤井七段の連勝を止めた佐々木勇気六段、新人王の増田康宏六段と強敵ひしめくクラスで抜け出せるか勝負の1年となりそうです。今期10勝1敗と好成績で今後強豪との対局が続くことから、応援してく
れる教室生みんなに、自水舎乳業(竜馬プロご実家の家業)より、ソフトクリームを1本プレゼントします! さらに、教室応援として宮崎こども将棋教室無料体験を紹介した教室生とそのお友達にももれなくソフトクリーム無料券がもらえる応援キャンペーンをしていただきました。この機に都成竜馬ともども自水舎乳業、宮崎こども将棋教室を応援してください。」

第19回鍛錬会in綾 開催

今年もまた鍛錬会開催が決まりました。鍛錬会は当県出身のプロ棋士、高崎一生六段が亡き父上の意思を継ぎ、宮崎の子どもたちのレベルアップのために開催している強化合宿です。
県内いろんなところの教室生や奨励会員、最近は県外からの参カロ者も増え交流の場にもなっています。「プロの将棋」を学び取り、上達のスピードを上げ、みんなの才能を開花させる機会になるかもしれません。

テーマ: 戦法の研究 プロ棋士から学ぶ形勢判断
今回は都成竜馬五段著書の「対中飛車角道歩突き左美濃」をテキストに徹底解明、その後の最新定跡を学びたいと思います。将棋は、勝利を導くために指し手を探していくわけで
すが、そのためには有利か不利かの判断が必要不可欠です。その判断を「形勢判断」と言います。それを誤ると不利な局面に有利と思って進んでしまう危険があります。コンピューターのように1秒間に何百万、何千万もの局面を比較できない人間にとってはこの形勢判断の精度を上げるためには感性を磨くしかありません。そ

の感性が優れているのがプロ棋士です。そしてこの研究書には有利、優勢、互角、などの表現が出てくる形勢判断基準の宝庫です。 中飛車を高崎六段が、居飛車を都成五段が持って高崎組と都成組での対抗戦も行います。 中飛車をしないほかの振り飛車党でもこの機会に「形勢判断」の仕方、感性をプロから学びとり、自分の得意戦法にも必ず生かせます。プロからの指導、さらにはその著者から受けられるこのチャンスをぜひつかみましょう! まだ確定ではないですがサプライズゲストも予定しています。

・日 時:平成30年7月26日(木)~ 28日(土)2泊3日
 26日宮崎駅9:00集合 28日宮崎駅12:00解散
※宮崎駅からバスで送迎します
・場 所:綾町ふれあい合宿センター
・参加対象:小・中学生・高校生 定員:30人6月17日現在:残8人
・参加費:小学生=19, 000円 中学・高校生=20, 000円
・宿泊費・会場施設費・マイクロバス送迎代0朝、昼、夕食費(バーベキュー含む)。資料代
・熊須碁盤店さんから毎回卓上盤(駒台付き)を2面いただき上達優秀者に授与しています
・各自用意するもの ◎タオル小とバスタオル・歯磨きセット・着替え・筆記用具
※書籍 「対中飛車角道歩突き左美濃」マイナビ出版=購入して事前学習しておいてください。
 書籍には合宿中に都成プロが揮亀してくれます。
・主 催:高崎一生・日本将棋連盟宮崎こども支部
・棋 士:高崎一生六段・都成竜馬五段
 日本将棋連盟宮崎こども支部〒880・0879 宮崎市宮崎駅東3・2・2第一都成ハイツ1
TEL/FAX0985・61‐ 3303 URL:http://www.shogikids.net/ 090・8622‐ 6522(星子)
※お申込みは、電話、ファックス、ホームページのいずれからでも受け付けて おります。